サラリーマン投資部長のブログ

投資を学び投資でセミリタイアを目指すブログです。

【増配】米国株メットライフ

4.2%の増配決定

  MET
四半期配当 0.5㌦
年間配当 2㌦
増配率 4.2%
連続増配年数 10年

米国の生命保険会社メットライフが増配を発表だな。
・四半期0.48㌦➡0.5㌦
・年間1.92㌦➡2㌦

増配率は4%以上で上出来な還元率だね。

配当金・増配率

2013年から増配を開始して、10年で配当金は2倍以上になっている。

増配率の平均は10.9%と非常に高いね。

初期の増配率が以上に高いからな。
直近だと増配率4%で推移している感じだな。

なるほど・・・

売上・EPS

昨年の売上とEPSだな。
凄く好調なのがわかるな。

昨年のEPSで配当性向をざっくり計算すると22%くらいになるね。

保険業の配当性向は20%~30%が多いから、正常な範囲と言えそうだな。
増配の余地はまだまだある感じだな。

なるほど・・・

増配効果、どの位増えるか

  保有数6株
年間配当 8.26㌦
増配後 8.61㌦
差額 0.35㌦

うむ、年間0.35㌦の配当金増加だな。

日本円に換算すると45円位だね。

保有数が少ないからこんなもんだな。

 

現在の利回りは3%か~だいぶ株価上がったな。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

【負け組】J-REIT2銘柄

ホテルリートに並ぶNAV倍率のリート

ホテルリートとNAV倍率上位を争っているリート
・ジャパンエクセレント投資法人
・グローバル・ワン不動産投資法人
絶賛割安中なオフィス100%型のリートだな。

マジっすか・・・
全部保有中のリートですね・・・
NAV倍率ってなに?

文投資口価格÷1口NAV(保有不動産(資産)を1口で割った価格)だな。
今の投資口価格が資産に対して割安、割高を示す数値だな。

株価で言うPBRみたいな感じなのね。

そういう事だな。
数値的には割安不人気リートだな。

低迷理由①オフィスリート・稼働率

両方ともオフィス100%の特化型リートだな。
特徴は大型物件が多く収益性が見込めるところだな。
半面、主要テナントの解約があると収益に大きな影響あることだな。

なるほど・・・
じゃあコロナの影響で結構ダメージ受けている感じだね。

そういう事だな。
稼働率を見ればよくわかる。

【ジャパンエクセレントの稼働率】

【グローバル・ワンの稼働率】

現時点での稼働率は
・ジャパンエクセレント91.8%
・グローバル・ワン 98%

ジャパンエクセレントの稼働率が相当酷くないですか?
グローバル・ワンは回復しているね。

グローバル・ワンは契約が決まり大きな空室が無くなった状態だな。
ジャパンエクセレントは退去の方が多い状況だな。
因みにコロナ前の両社とも稼働率はほぼ100%だからな。

グローバル・ワンは契約が決まるまで1年程かかっているからな。

低迷理由②スポンサー・外部成長

【ジャパンエクセレント】

【グローバル・ワン】

ジャパンエクセレント
・みずほ銀行(銀行)
・第一生命(生保)
・日鉄興和不動産(不動産開発)
グローバル・ワン
・UFJ銀行(銀行)
・明治安田生命(生保)
・近鉄グループ(不動産開発)

スポンサー陣はそっくりだね。
ライバル同士って感じだね。

鉄壁のスポンサー陣で、リートの中では最強クラスだな。
最強が故に保有物件も吟味されたものが多いからな。

なるほど・・・
お目当ての物件が無いのかな。

【ジャパンエクセレント資産規模】

【グローバル・ワン資産規模】

2017からの資産規模の比較だな。
ジャパンエクセレントは売買しているが規模は一定。
グローバル・ワンは売買自体が無く規模は一定。

成長してない感じだね。

エリート思考な投資方針が仇となっている感じがするな。

低迷理由③自己投資口取得・消却している

【ジャパンエクセレント】

【グローバル・ワン】

両社とも自己投資口取得・消却完了を発表だな。
・ジャパンエクセレント消却割合1.14%
・グローバル・ワン消却割合1.3%
割合としては結構大きい感じだな。

リートでも投資口取得・消却ってあるんだね。

新規物件買うより、自社の物件買った方がお得って事だな。
つまり今の投資口価格が安すぎるって事だな。

なるほど・・・
投資口消却で更に割安になっている訳だね。

低迷理由④投資法人名が胡散臭い

何気に致命的だと思っているのが、投資法人名だな・・・
ジャパンエクセレント投資法人(JEI)
グローバル・ワン不動産投資法人(GOR)

たしかにちょっと胡散臭い感じがあるね。
直訳するとこんな感じなのかな。
・日本優秀だぜ投資法人(JEI)
・世界の1番だぜ投資法人(GOR)

ダサいな・・・投資法人名が胡散臭いしな。
(略語で良いような気がするな)
スポンサーの絡みでヘンテコな名前になっちゃたのはわかるけど。
中身は凄く良いだけに残念だな。

分配金と利回り

両社とも分配金利回りは4.4%と中々の利回りだな。

・JEIは分配下限値を2,800円で設定(内部留保活用)
・GORは2,400円台維持、稼働率回復で伸びる余地あり?

なるほど・・・
コロナ禍で大きく下げているJEIと安定しているGORって感じだね。

利回りが同じならGORが普通に優秀だな。買い増ししても良いかもな。

GORは弱点だった稼働率が改善しているしね。
外部成長が加われば面白い展開になりそう。

そういう事だな。
両社ともスポンサー最強クラスだからな。
長期保有には適している。

 

さすがに割安感あり、GORは買い増し検討。

 

応援クリックよろしくお願いいたします。 

 
株式ランキング

【2022年3月期決算】伊藤エネクス

過去最高の利益で着地

伊藤忠エネクスが2022年3月期の決算を発表。
内容は売上高以外、過去最高値を達成しちゃったようだな。

エネルギー事業でここまで安心安定の業績は凄いね。

来期の予想は微減の増収減益予想となっているな。

セグメント別収益

【ホームライフ事業】

個別宅LPガス契約数、消費量、輸入価格の増加により大幅プラス。

【カーラライフ事業】


ガソリンスタンド、半導体不足による車販売台数の減少で微減。

【産業ビジネス事業】


アスファルト販売、船舶燃料の販売量減少で減少。

【電力・ユーティリティ事業】


メガソーラー高圧の販売量増加で大幅増加。

4つの事業が展開されているけど、全部黒字で内2事業が大幅プラスとなっているな。
全体的な稼ぎは安定している感じだな。

たしかに・・・
個別宅から企業まで幅広く、いろいろなエネルギーを取り扱っているからバランスが取れているんだね。

そういう事だな。
今回は産業ビジネスが低調だったけど、ホームライフが健闘したからな。

期末配当は増配へ

期末配当を2円増配(23円➡25円)しちゃうみたいだな。
昨年の特別配当を除くと年間4円増配となる。

エクセレント!
配当性向は41%だから、株主還元方針通りって感じだね。

そういう事だな。
還元方針は40%程度となっている。
まぁ~今期は48円維持の予定となっているけどな。

なるほど・・・

 

配当利回りは4.4%と高配当、もう一単元買い増ししても良いかも。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

【決算】日本たばこ産業

第1四半期は増収増益で着地

俺たちJTの第1四半期決算が発表されたな。
・売上高は5,815億500万円、6.2%増
・営業利益は1,783億6,800万円、11.4%増
・経常利益は1,746億9,900万円、11.7%増
・最終利益は1,241億1,000万円、9.1%増

事業編成してから業績は回復傾向にあるね。
あと、ロシアの影響は受けていないのかな?

JTにしては2年連続で良好なスタートとなっているな。
ロシアに関しては第2四半期以降に影響が出るかもしれない。

セグメント収益

【2021年第1四半期】

【2022年第1四半期】

収益源のたばこ事業が前年対比で160億円増加している。
良好なのがわかるな。

なるほど・・・
医薬、加工食品の業績は誤差レベルなんだね。

そういう事だな。
たばこ事業が儲かっていればOKだな。

国別のたばこ収益

【2021年第1四半期】

【2022年第1四半期】

たばこ事業の国別売上だな。
昨年対比で営業利益は150億円増加しているな。

アジアの市場以外、利益は増加している感じだね。
ロシアはクラスターになるのかな?

ロシアはEMAに分類されているようだな。
1月~3月の間は、それほど影響ない感じだな。
第2四半期(4月~6月)から影響が出るかもしれない。

なるほど・・・

配当金は年間150円維持

年間配当金は150円で変更なし。
今年のEPSは200円予定、配当性向は75%となる予定だな。

JTの還元方針通りとなっているね。
既に70円程稼いでいるから、通期目標は達成できそうだね。

問題はロシアってことだな。
ロシアでのたばこ販売停止➡EPS未達
ロシアでのたばこ販売継続➡EPS上振れ

ロシアさん・・・JTも大変っすね。

第2四半期決算はドキドキだな。

 

配当金154円復活にはロシア次第という事でしょうかね。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

【第1四半期決算】ヒューリック(3003)

第1四半期は大幅な増収増益

昨年対比で大幅増収増益で着地だな。
売上高は16.9%増の1,069億2,800万円
経常利益は38.4%増の284億3,200万円
最終利益は45.8%増の183億4,300万円

良好なスタートとなりましたね!
1株益も24.1%と直近では最高値となっているね。

不動産事業が絶好調だったようだな。

セグメント収益

【2021年度第1四半期】

【2022年第1四半期】

ヒューリックの事業セグメントは3つあるな。
・不動産事業好調
・保険事業微増
・ホテル旅館事業赤字縮小

不動産事業で大きく稼いで、ホテル旅館事業の赤字を補填している感じだね。

ホテル旅館事業も最悪時のピークを脱し、今後も赤字縮小が続く模様だな。
なので、不動産事業の好調が続けば更に全体の収益は向上する可能性が高いな。

なるほど・・・

2022年度の配当金は変更なし

今年の配当金予定は年間で40円年間で40円となっているな。
(中間20円・期末20円)

なるほど・・・
昨年より1円の増配となっているね。

配当性向は40%程度の還元方針。
EPS100円稼げばOKって感じだな。

 

スタートは良好、不動産事業強いっす。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

2022年4月の受取配当金

4月の配当金通知表

2022年4月の受取銘柄は
合計8銘柄だな。
・米国株6銘柄
・リート/インフラ2銘柄

4月はNISA銘柄が多いから税金面で有利かな。

昨年対比だとPEPが追加、ARCC、KOの増配。
減配が無いから通知表としては上々だな。

ふぅ~問題なし!

配当金推移

4月の受取配当額は日本円換算で69,111円(税抜後)だな。

なるほど・・・
円安と微増配で受取額はUPしているのね。

そういう事だな。
昨年より増額していれば前進、OKだな。

年間配当金推移

今年の受取配当額は100万円を超える見込みだな。

年間100万円の配当金は重要だね。
緩めの仕事で生き延びる事が出来るしね。

そういう事だな。
低生活費だから100万はデカいな。
あと給料より配当金の増加が実感できるな。

累計受取配当金

累計受取配当額は258万9,851円だな。

いい感じよ。
どんどん増えちゃって~

全部再投資でコツコツ増やす事が大切だな。
ドルは全部VYMへ自動買付されるから楽チンだな。

 

4月も無事終了!

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

【インフラファンド】日本再生可能エネルギーインフラ投資法人からの分配金

第10期の分配金は3,200円

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人から分配金3,200円
(利益超過分配金含む)を受け取りました。
あざーす!

まず、整理だな。
・利益分配金=1,750円(税抜後)
・利益超過分配金=1,005円
合計で2,755円だな。(特定口座)

なるほど・・・
太陽光の売電収入ってそんなに稼げていないのかな?

第10期の運用状況

前期比で営業収益は変わらず。
当期純利益は営業外収益効果で16%増加となっているな。
営業収益率はインフラファンドの中では低めで改善の余地はありそうだな。

なるほど・・・
つまり前期とあまり変わってないってことですかね。

そういう事だな。
良く言えば安定
悪く言えば改善無し

分配金の推移

日本再生エネの特徴は分配金を3,200円で固定。
利益分配金が1,800円~2,000円で、残りを利益超過分配金で調整って感じだな。

利益超過分配金の比率が3割ちょっとって感じだね。
太陽光の売電収入って意外と稼げていないのか?。

リートと比べると利益超過分配金が多すぎ問題だな。
収益性の課題はあるにしろ、分配金の安定感はリート以上だな。
(コロナ禍で比べて)

保有物件と財務

保有物件数 55物件
取得価格 420億円
借入残高 204億円
固定比率 24.5%
LTV 51.9%

保有物件数はインフラファンドで一番だな。
外部成長過程と言えども財務的にはちょっと怖い感じがあるな。

リートと比べると財務数値はレバレッジかかっている感じだね。

まぁ運用実績がまだまだ乏しいからな、毎月の発電実績はチェックだな。

 

利益分配金利回りは4%ちょい。
財務リスクが高い反面利回りは低い印象。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング

 

 

【J-REIT】エスコンジャパンリートからの分配金

第10期の分配金は3,593円

エスコンジャパンリート投資法人から分配金3,593円受け取りました。
あざーす!

エスコンリートは半分が商業用底地物件ということで、収益は凄く安定しているリートだな。
分配金も浮き沈みが少ないリートになっているな。

コロナ禍で分配金が安定しているってのは重要だね。

第10期の運用状況

2021年8月3日に新たに11物件取得、稼働率の改善、コスト削減により純利益は前期比26.3%増にとなっているな。
エスコンリートの良さは営業収益率が非常に高いところだな。

エスコンリートの場合は51%もあるのね。

大抵のリートは40%台だからな。
エスコンリートは更に収益性が良いと言えるな。

分配金の推移

分配金は3,500円台を推移いている感じだな。

今後1年間の分配金はちょっと渋い感じだね。

テナントオーナーの入れ替えやリファイナンス費用が発生するみたいだな。
まぁ一過性の問題だからあまり気にしてないけどな。

なるほど・・・

保有物件と財務

保有物件数 38物件
取得価格 696億円
稼働率 99.7%
平均金利 0.5%
LTV 44.1%

底地物件が多いから高稼働率で推移している感じだな。
平均金利は0.5%と低いけど、恐らく変動金利だから少し注意が必要だな。

目立った弱点がないリートじゃない?

利回りは5%以上あるし、もう少し買い増ししたい投資法人だな。


スポンサーは中部電力、子会社のエスコンが運用って感じ。

応援クリックよろしくお願いいたします。 


株式ランキング